福岡県の監視体制の紹介 -構成-


発電所周辺測定局
玄海原子力発電所周辺測定局(2か所)

 空間放射線量率(ガンマ線)測定器、風向・風速・雨量等の気象観測装置により、玄海原子力発電所周辺のデータ観測を行います。
モニタリングポスト等
環境放射能水準調査測定局(7か所)
固定式電子線量計(7か所)

 県内の放射線の水準を把握するため、空間放射線量率(ガンマ線)の調査を行います。
監視局
主監視局(福岡県庁)
副監視局(福岡県保健環境研究所)
 発電所周辺測定局、モニタリングポストから1分間隔で各種データを収集し、演算・蓄積・解析を行い、異常がないか監視します。

ホームページ
 測定データは、当サイトで随時公開しています。

モニタリング情報共有システム
 放射線や放射能の測定結果を国や佐賀県、長崎県と共有するシステムです。システムへは常時測定データを送信しています。
表示局
福岡県庁
福岡県保健環境研究所
福岡市役所
糸島市役所
 監視端末により、測定状況を確認します。また、測定状況は県庁、福岡市役所、糸島市役所のロビーに設置している表示装置で県民の皆様も御覧になれます。
項目別 放射線・放射能測定情報
空間放射線量
放射線量率マップ
現在の測定値
推移(グラフ)
データのダウンロード音声読み上げ対応ページ
その他の放射能調査結果
福岡県の監視体制の紹介
よくあるご質問用語解説
各種関係資料基準値など
原子力発電所の状況
放射能・放射線ってなに?
お知らせ
関連リンク
携帯電話からもご利用いただけます。QRコードからアクセス。または、URLを直接入力してください。http://houshasen.pref.fukuoka.lg.jp
お問い合わせ先
福岡県 環境部環境保全課 大気係
電話:092-643-3360
FAX:092-643-3357